超高速開発

超高速開発ツールとは?5分で理解できる、概要から課題まで

今、情報システムの開発環境は“超高速開発ツール”により変わりつつあります。

迅速な意思決定をシステム開発が常に求められている現代において、開発環境の整備は各企業にとって大きな課題の一つでしょう。
ですが、一日二日の出遅れが致命的にもなりかねない中で、課題を解消しつつサービスを提供していくのは困難な現実があります。

そこで各企業から注目が集まっているのが“超高速開発ツール”であり、その名の通り従来の開発プロセスを大幅に改善し高速化するものです。

しかし、詳しく知らなかったり誤解しているという方がまだまだ多いのもまた事実。
開発プロセスを改善しスピーディなサービス提供と経営を実現させるには、超高速開発ツールについて深く理解することは避けられません。

そこで今回は、そんな超高速開発ツールの概要やメリットデメリット、そして同ソリューションが持つ課題をまとめていきます。

「自分は情報システムじゃないし専門用語とかはちょっと…」という方にも理解して頂けるように、わかりやすく解説しているので是非参考にしてみてください。

迅速な意思決定をシステム開発が常に求められている現代において、開発環境の整備は各企業にとって大きな課題の一つでしょう。
ですが、一日二日の出遅れが致命的にもなりかねない中で、課題を解消しつつサービスを提供していくのは困難な現実があります。

そこで各企業から注目が集まっているのが“超高速開発ツール”であり、その名の通り従来の開発プロセスを大幅に改善し高速化するものです。

しかし、詳しく知らなかったり誤解しているという方がまだまだ多いのもまた事実。
開発プロセスを改善しスピーディなサービス提供と経営を実現させるには、超高速開発ツールについて深く理解することは避けられません。

そこで今回は、そんな超高速開発ツールの概要やメリットデメリット、そして同ソリューションが持つ課題をまとめていきます。

「自分は情報システムじゃないし専門用語とかはちょっと…」という方にも理解して頂けるように、わかりやすく解説しているので是非参考にしてみてください。

超高速開発ツールとは

超高速開発ツールとは、業務アプリケーションなどの開発におけるプロセスを削減し、開発工数を短縮するためのツールまたはその手法です。
主にバッチ処理の高速化、プログラム自動生成によるノンコーディングなどの機能を提供し、生産性の向上やコスト削減などに貢献します。

従来開発の課題

従来の開発ではシステム構築に時間がかかり、迅速な意思決定やサービスの提供が難しいという課題がありました。
特にドキュメントベースの情報共有、テスト工程においては多大な時間を消費しています。

各プロセスごとに成果物をドキュメントベースで共有するためにはドキュメントの作成や整備、または管理などに多くの時間を割きます。
開発プロセスとは異なる業務であるため、これを効率化したいという方がほとんどでしょう。
しかしクライアントから開発受託している以上、プロセスごとの情報共有は欠かせません。

テスト工程においては最も期間を長く取るプロセスであるため、必然的に工数(≒人件費)の増加が発生します。
また、さらに広い視野で見れば開発プロジェクト終盤での仕様変更も発生しやすく、従来開発の課題の一つでもあります。

また、開発後に至ってはバージョンアップへの対応なども考慮しなければなりません。

こうした課題を受け、現在超高速開発ツールのニーズが高まりつつあるのです。

超高速開発ツールのメリット・デメリット

メリット

属人化するプログラムを標準化

従来の開発環境ではプログラムが属人化傾向にあり、担当者の変更によりまったく同じプログラムが生成できなくなるという問題があります。
しかしプログラマー間による情報共有も難しく、なかなか解決できないままシステム開発を行っている企業がほとんどでしょう。

超高速開発ツールではプログラムを自動生成することで属人化していたプログラムを標準化し、さらにはプログラマーごとのスキルレベルをフラットにすることができます。

開発期間・開発コストを大幅に削減

莫大な時間を費やしていた品質管理の工数削減、テスト工数の一部自動化、プログラムの自動生成などによりプログラム数が大幅に削減されます。

それは、すなわち開発期間の削減となり、開発コスト(主に人件費)削減にまで繋がります。

100%品質を維持した開発を実現

超高速開発ツールでは、品質管理において大量のドキュメントを作成する必要がありません。
リポジトリに登録されている情報を確認することで、効率化を図りながらシステムのトライ&エラーを繰り返していくことができます。

これにより品質管理本来の業務に集中し、従来の品質を100%維持することが可能です。

情報システムの業務負担軽減

開発工数の削減は、そのまま情報システムの業務負担軽減へと繋がります。
近年ではビッグデータ活用やIoT(Internet of Things)への注目により、システム情報を経営戦略へと組み込む動きが活発に見られます。

情報システムの手が空くことでよりIT戦略に注力することが可能です。

組織体制の整備

従来の開発プロセスでは各工程においてチームが生成され、また各チームにリーダーを配備するのが一般的です。
しかしこうした開発環境は組織体制の複雑化を往々にして生んでしまっています。

超高速開発ツールにプロジェクトへ投じる人員数を削減でき、小規模かつ連携の取れた組織体制を整備していくことが可能です。

チームのコミュニケーションを促進

超高速開発ツールを導入することで、プログラムが標準化され開発レベルが下がることで業務担当をプロジェクトに組み込むことができます。
そしてこれは、一つのプロジェクトにおいて各担当者の技術を集約するのではなく、コミュニケーションが重要になるという意味でもあるのです。

つまり必然的に情報共有が重要となり、コミュニケーションを活発にする効果があります。

デメリット

イレギュラーな要件には不向き

超高速開発ツールのようなプログラムや設計を自動化するようなソリューションでは一般的ですが、イレギュラーな要件への対応が苦手という側面があります。
また、一つのソリューションとしてツールが提供されているので、追加機能などもベンダーに依存するのが特徴です。

こうしたことから、超高速開発ツールではあらゆる開発環境を想定し適切なソリューションを導入することが大切です。

開発プロセスを全て高速化するわけではない

開発プロセスには要件定義→概要設計→詳細設計→コーディング→テスト→運用と大まかに分かれていますが、超高速開発ツールが高速化できるのはこのうち概要設計~コーディングまです。

当然のことですが要件定義はユーザー自身が行わなくてはなりません。
ですので正確には、開発プロセス全てを高速できるわけではないのです。

超高速開発ツールが持つ課題

ここまでの解説で超高速開発ツールに大きなメリットを感じている方も少なくないと思います。
しかしもちろん同ソリューションにも課題というものがあります。

課題をしっかりと把握しているかいないかでは導入後の効果が大きく違うので、以下に各課題をまとめておきます。

“開発プロセスが一新する”という意識改革

超高速開発ツールの導入により、これまでの開発環境は一新すると考えることがまず重要です。

従来までは大規模な人員体制でシステム開発に臨み、予定期間内にシステムを完成させるというのが一般的な開発でした。
しかし、超高速開発ツールを導入することで小規模な人員体制で日々改善を繰り返し開発していくという体勢が求められます。

正直なところ、こうした体制にいきなり対応出来る企業というのはいないでしょう。

従ってプロジェクトに関わる全ての人間が“開発プロセスが一新する“という認識を持ち、導入に備えなければなりません。
もちろん、意識改革だけでなく変化に対応し得る体制整備も必要です。

新たな人材教育体制の整備

超高速開発ツールで誤解しがちなのが「プログラミング知識などが必要なくなる」ということですが、実際は違います。
あくまでプログラムの自動生成などによる工数削減がメリットであり、システム開発に関する知識やスキルが不要になるわけではありません。

また、これまでの開発プロセスが変わることで業務プロセス設計や分析といったスキルを身に付ける必要があります。
システム開発に関する教育は整備されていても、新たな環境に対する教育制度が確立されていないのが現状です。

新たな人材教育体制の整備

超高速開発ツールで誤解しがちなのが「プログラミング知識などが必要なくなる」ということですが、実際は違います。
あくまでプログラムの自動生成などによる工数削減がメリットであり、システム開発に関する知識やスキルが不要になるわけではありません。

また、これまでの開発プロセスが変わることで業務プロセス設計や分析といったスキルを身に付ける必要があります。
システム開発に関する教育は整備されていても、新たな環境に対する教育制度が確立されていないのが現状です。

各種スキルの育成

超高速開発ツールの導入により従来のシステム開発スキルに加え、以下の3つのスキルを育成する必要があります。

1.経営視点でのスキル

開発プロセスが一新し、工数を効率化した場合求められるのが業務プロセス設計や業務分析スキルです。
つまり、プログラマー自身が経営視点を持ち開発プロセスを組んでいく必要があります。

2.分析スキル

超高速開発ツールにより求められるのは経営に寄り添った考えだけでなく、データを中心に考えていくスキルが必要になります。
リポジトリに記録されているデータは分析視点を持って評価していく必要があるのです。

3.コミュニケーションスキル

超高速開発ツールのメリットにおいて「コミュニケーションが促進する」と解説しましたが、これは新たなスキルの必要性を示しています。
従来の開発環境では開発スキルが高く自己完結型のエンジニアでも十分にプロセスが回っていました。

しかし情報共有とコミュニケーションが求められる環境においては、チームを意識した開発や常に変化を受け入れる姿勢が重要となります。

まとめ

いかがでしょうか?最後に、今回の解説の要点を以下にまとめておきます。

  1. 超高速開発ツールとは、バッチ処理の高速化やプログラムの自動生成により開発工数を削減するためのツール
  2. 従来の開発環境が抱える課題を解決するためのソリューションである
  3. 属人化するプログラムを標準化し、品質維持や開発期間・コストの削減、情報システムの負担軽減に繋がる
  4. 自然と組織体制が整備され、コミュニケーションが活発になる
  5. イレギュラーな要件には不向き、全てを高速化するわけではないというデメリットもある
  6. 意識改革、人材育成体制の整備、各種スキルの育成といった課題があることを忘れない

超高速開発ツールは、知識やスキルなしで開発環境を構築できるソリューションではありません。
あくまでエンジニアや経営を支援するためのものです。

適切な導入を実現するためには、まずしっかりと超高速開発ツールに関する理解を深めることが大切です。
本稿にて少しでも理解が深まったというのであれば幸いです。

また、こちらでは超高速開発ツールの現状を専門的な視点から解説しているので、是非参考にしてみてください。

「ODIP」による品質向上とコスト削減効果とは

「ODIP」による品質向上とコスト削減効果とは
株式会社レイヤーズ・コンサルティング様は、超高速開発ツール「ODIP(オーディップ)」を用いて、大規模バッチシステムの再構築を成功させました。大規模システムにおける超高速開発ツールの適用事例は少ないですが、同社は、どのようにプロジェクトを成功に導いたのでしょうか。

本資料ではプロジェクトを成功に導いたポイントと成果をご紹介します。

ダウンロード

購読のお申込み

こちらのフォームよりお申し込みいただくことで更新情報をメールでお届けいたします。

ODIP Enterprise Solution
バッチ処理入門 ~設計の基礎、コツ、注意点まで~超高速開発ツールを6つのポイントで比較